ごあいさつ

banner 弊社はエボナイト素材の国内唯一のメーカーです。
山形から北海道の開拓地に一家で移住した初代・遠藤勝造が集団就職のために17歳で東京に上京し、数年間の工場勤めを経て昭和27年(1952年)に創業しました。

その時代、日本には多くのエボナイト工場がありました。絶縁体などの電気部品から、ボウリングの玉・電話機・蓄音機・ラジオ・ダイヤル(操作つまみ)・カメラのボディ・万年筆など、多くの用途に利用されていました。生活の側にある普通の素材で、小学校の静電気の実験でエボナイトの棒をこすった思い出のある方は多いのではないでしょうか。
その後、より大量生産に向いたプラスチックの出現により、エボナイトは徐々に必要とされる場が少なくなりました。

それでも私達は悲観はしていません。自然素材である天然ゴムと硫黄から作られたエボナイトは、環境にやさしい。また、電気を通さない絶縁性、酸性にもアルカリ性にも強い耐薬品性など優れた性質はプラスチックで置き換えられらない用途もあります。必要として下さるお客様がある限り、生産し続ける覚悟です。
また、近年「古くて新しい素材」として新たに注目を集め始めています。 国際プラスチックフェアへの出展、東急ハンズのヒント展への出店などを継続的に続けており、新たなお客様との出会いを求め、開発の可能性を探り続けています。
今まで60年、これからもずっとお客様とともに。代表取締役

会社概要


事業内容 エボナイト製造・加工、ゴム製造・加工、 エボナイト製品販売
営業品目 エボナイト素材(棒・板・管)、ゴム車輪・キャスター、NBRフロート、
木管楽器用内管製造、楽器用マウスピース製造、
万年筆・文具、 徒手療法士専用器具、
カラー・マーブルエボナイト、他エボナイト加工品
創業 1952年(昭和27年)8月
設立 1957年(昭和32年)8月
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 遠藤智久
従業員数 9名
事業所 事務所・工場/東京都荒川区荒川1-38-6
売上高  4972万円(2013年7月期)
取引銀行 三井住友銀行/町屋支店 城北信用金庫/本店営業部
工場敷地   616.22平米
建物延 615.28平米
機械設備 IHIボイラー2基、蒸釜3台、押出機5台、ロール機4台、 蒸気プレス、電気プレス、真空プレス、加硫試験機、轆轤、旋盤加工機

沿革


1952年 合資会社日興エボナイト製造所設立
1957年 株式会社日興エボナイト製造所設立
2007年 荒川区MACCプロジェクトに参加
中小企業産業交流展に出展(東京ビッグサイト)
2008年 スローガン「エボナイト元年」
エボナイトのカラー化及びマーブリングに成功
東京都より経営革新計画の承認を受ける
荒川区産業展に初出展
重油ボイラーからガスボイラーに設備変更
徒手療法士専用器具「2WAYセラウェッジ」実用新案登録
2009年 TASKものづくり大賞共同開発部門奨励賞受賞
(「間中カスタム」複音ハーモニカ)
新事業プロジェクト開始(エボナイト製商品開発)
ウェブショップ『下町のエボ屋さん=笑暮屋』を開設し、
オリジナルエボナイト万年筆の販売を開始する
2010年 TASKものづくり大賞共同開発部門奨励賞受賞 (「エボナイト美錠」)
新社長就任
2011年日本橋三越本店「世界の万年筆祭」に出店
2013年しんきん協議会「優良企業表彰・特別奨励賞」受賞
東京都経営革新計画の承認を受ける(2回目)       
荒川区新商品・新技術大賞「優秀賞」を「マーブルエボナイト」が受賞
2014年 笑暮屋リアルショップをオープン

Copyright(c) 2015 Nikko Ebonite Mfg. Co., Ltd. All Rights Reserved.